サブリース契約は家賃保証制度契約

サブリースは又貸し、転貸のこと。

大家から一括借り上げを行い、その物件を転貸して運営します。家賃保証制度契約といわれ、一定の家賃収入が大家に入ります。大家には物件の管理だけでなく、住居者のトラブルの対応、空き室対策、家賃の滞納など様々な問題を抱えます。遺産を相続したのは良いものの、物件を管理する時間と余裕もなければノウハウを持たない方もいます。サブリース会社に運営を託せば、家賃の集金や手続等も任せられます。入居者からの賃貸料は大家に支払われ、例え空き室ができた場合も一定の家賃収入が得られるメリットがあります。

月々の家賃収入は入居者によって変わりますが、サブリース契約をすることで、家賃収入が一定になるため確定申告が楽になります。ただし、サブリース会社に運営を任せるので、家賃収入が低くなることは避けられません。直接入居者に貸し出すわけではないので2割ほど低くなります。さらに家賃を大家が決めることはできません。全て契約した会社が決定権を持ちます。

これは空き室が出ることを避けるため、家賃を下げるという手段を運営会社側が取るからです。他にも入居者を選ぶことができないなど注意事項はあります。気になることがあっても大家が口出しできることは少なくなります。デメリットや注意事項はありますが、サブリース契約は上手に使えば良い保険となることも。契約する会社の実績、自力での管理とどちらが得かなど、事前に調べて適切な収支シミュレーションを行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *