サブリースにリスクはあるのか?

サブリースは、一括借上や家賃保証といったもので賃貸経営や不動産投資で使われています。

特に後者の家賃保証という言葉は魅力的なもので、空室であっても収入を得ることが出来る方法です。ただ、実際のところは甘い話ばかりではなくトラブルになった事例は山ほどあります。このためサブリースを活用する時には、その仕組みを理解しておきリスクについても知っておくことが欠かせません。サブリースでは、不動産会社や管理会社などが一括借上をしたり家賃保証を行うというものですが、当然ながらサービスを提供する会社も利益を得る必要があります。

このため、相場と比べると8割り程度の利益しか得ることができません。ただ空室であっても安定した収入を得られるため、許容範囲と考えることもできます。また手数料も会社によって異なり、相場よりもさらに低くなる可能性があるものです。このあたりは、契約の段階でしっかりと確認しておかなければなりません。またサブリースで最大のリスクとされるのが、家賃の値下げが行われる可能性が高いことが挙げられます。

通常、家主と借主の個々の関係であれば、家賃の値下げ交渉をされても拒否することができますが、一括で借り上げている以上は、交渉が決裂すれば解約ということにもなり、その後の賃貸経営に悪影響を与えるものです。いずれにしても、物件が魅力的なものであれば、サブリースを利用しても意味がありますが、将来的に不利な条件になる可能性があればリスクが高いものといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *