サブリースするにあたって

アパートや賃貸マンションなどを経営する際に、最近よく利用されるようになったのがサブリースと呼ばれる手法です。

これは、不動産会社が物件オーナーから建物を借り受け、入居者に貸し出すというものです。1棟丸ごと借り上げるケースが大半を占めますが、分譲マンションの一部を区分所有して事業を行うこともあります。サブリースの場合、賃貸借契約はオーナーと不動産会社の間、そして不動産会社と入居者の間でそれぞれ結ばれます。そしてオーナーは入居者からでなく、不動産会社から家賃を受け取ります。その額は、物件の稼働率に関係なく一定額となります。

この経営手法には、オーナーにとってメリットとデメリットがそれぞれあります。まずメリットは、入居者と直接契約を結ばなくなるため、入居審査や家賃の回収、退去時の点検といった業務を自ら行わなくて済むことです。もちろん、入居者募集のための広告宣伝活動なども不動産会社に一任されます。さらに建物の管理業務も不動産会社の責任となります。また、家賃が常に一定となることから、収入の不安定化を回避することができるようになります。

たとえ入居者が減って稼働率が落ちても、ただちに収入源につながることはありません。一方、デメリットはその収入がずっと保証されるわけではないということです。稼働状況が損益分岐点を下回れば、不動産会社は家賃の見直しをしなければならなくなります。不動産会社に倒産のリスクがあることも、デメリットの1つです。これを避けるには、情報収集をしっかり行い、信頼のおけるサブリース事業者を選定する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *