サブリースという賃貸経営の手法

近年、資産運用の中でも人気の伸びがいちじるしいのが、賃貸経営です。

家賃という形で安定的な収入が得られるうえ、ローンを返し終えればそのまま生活資金に充てられるため、リタイヤ後は私的年金としての利用が見込めるというのが魅力となっています。こうした人気を受け、賃貸経営に関連したビジネスにも活況が見られます。その1つがサブリースです。経営ノウハウを持つ専門事業者に経営を任せられるとあって、需要が拡大しています。一般的な賃貸住宅の場合、入居者は物件のオーナーと直接賃貸借契約を交わします。

一方、サブリースでは不動産会社がいったんオーナーから物件を借り受け、それを賃貸に供します。したがって、オーナーから不動産会社への一次賃貸と、不動産会社から入居者への転貸という2つの契約が成立することになります。こうした特色ゆえ、経営の実務はすべて不動産会社が行うことになります。管理会社の手配や家賃の回収業務などに加え、家賃の額や入居審査の基準なども不動産会社が決定します。

オーナーは自ら経営に頭を悩ませたり、雑務をこなしたりする必要がなくなります。ただ、経営のプロフェッショナルといえども常に成功するとは限りませんから、稼働率が低迷すると不動産会社の業績が悪化し、オーナーに対する賃料の支払いが滞ったり、倒産したりするリスクがあります。そのため、オーナーはサブリースを導入する際、事前調査をしっかり行って信頼できる不動産会社を探す必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *