サブリースを聞いたことのない人のために

不動産経営などに携わっている人で、「サブリース」という単語を全く耳にしたことがないという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

「サブリース」とは、賃貸経営のひとつです。まず、不動産会社が物件を一括で借り上げます。この物件を「サブリース物件」といい、貸主は不動産会社から一定の資金を得ることが可能です。この際の魅力は、なんといっても家賃保証にあります。物件がたとえ空室であったとしても、賃料を鑑みて資金が不動産会社から支払われるのです。では、入居者はどうなるかというと、賃貸契約は不動産会社と契約することになります。

つまり、入居者との契約ややり取りに関しても、不動産会社に任せることが可能になるのです。空室リスクや滞納リスクを回避できるのは、「サブリース」の大きなメリットといえるでしょう。通常の管理業務も不動産会社に委託可能ですし、確定申告も簡素化することが出来ます。入居者トラブルに巻き込まれないというのも、貸主としては非常に助かります。しかし、気をつけなければならない部分もあるのです。それは間に不動産会社を挟んでいることにより、家賃の最大収益を見込むことが出来なくなる点です。

また、入居者を選ぶことが出来なくなりますから、貸主から見てモラルが低そうな人であっても、不動産会社の審査を通ることで入居が可能になることがあります。最も心配なのは、契約をしていた不動産会社が倒産してしまうことです。過去にあったトラブル事例などを確認した上で、「サブリース」導入を決めることが大切と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *