中古マンションに住む際の確認ポイント

中古マンションに生活をする時には、インターネットなどで物件情報を集めて検討をすることも大切ですが、やはり現地に赴いて、自分の目で状況を確認することが大事です。

実際に見てみたら、思っていたのと違った、と言うのはよくある話です。なお、中古マンションの内覧時のポイントとしては、敷地内の注意書きと言ったものが挙げられます。これが、一つの有効なものさしとなってくれるのです。印刷、手書きに関係なく、とにかく貼り紙などの注意書きの数が多いと言うことは、それだけ色々なことに注意喚起をして、改善していこうとしている姿勢がよくわかることになります。

ただし、注意書きの内容ももちろん大事です。書いてあることが厳し過ぎるようでは、住んだ時に心休まる時がない、落ち着いて生活できそうにない、と感じてしまうこともあるでしょう。よくあるのは、走るような音による苦情がきているので静かに生活するように注意している内容です。また、バルコニーでタバコを吸う人がいるため臭くて困っている、と言った内容のものもありますが、これに関しては、そんなことまで禁止するのはおかしい、と言った反論をする人がいる時もあります。

このように、感じ方は人それぞれであり、色々な人が生活をしているマンションでは、調和を保って行くのが困難なものです。自分が住もうと思っている中古マンションでは、トラブルなく生活して行けそうか、全体の雰囲気を感じ取るような意識が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *