中古マンションを購入するメリット

マンションを住宅用に購入する場合に新築マンションか中古マンションのどちらかになりますが、この場合中古マンションのほうがお得だと言えます。

一般的にこの国では中古というものを嫌い、新しいものを好む傾向があります。その理由は、まだ誰も使ったことがないからという理由です。新築はどこか潔癖症な人が住んでいるイメージしてしまう人もいるのではないでしょうか。ただ、それも近からず遠からずという感じで、人が住んだところには住みたくないという贅沢な人が多いのも事実です。

これに対して中古マンションは、過去に人は住んでいましたが前の住人が退去する時(退去後)には部屋のクリーニングをしたりリフォームをしますので、人の手垢が付いているということはあまり考えられません。中古マンションのいいところは、価格が安いことです。新築マンションに比べると築年数は経過していますが、同じ間取りを新築よりもはるかに安く購入することができるのです。

例えば、築1年でローンが払えなくなり売りに出された場合、その部屋が新築だった時よりも1~2割は安くなります。その理由は、築年数が1年経過したからその分だけ安くなっているということもあります。ですが、それ以上に広告費やモデルハウス代が上乗せされていないからという理由もあります。逆に言えば新築マンションを買う場合は、その費用の中に会社の広告費やモデルルーム代の一部も含まれているということなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *