医療機関で受けられる医療レーザー脱毛にはさまざまなメリットがあります。

脱毛は医療機関だけでなくエステサロンでも受けることができるため、その違いがよく分からないという人もいるかもしれません。医療レーザー脱毛は毛に含まれるメラニンに光が反応し、発毛組織を破壊していくという仕組みです。

毛穴の中が火傷した状態になりますが、医療機関ならアフターケアがしっかりしているので安心です。もちろんエステサロンでも安全面には配慮していますが、医師の資格を持った人が施術を行うわけではないので少し不安が残るでしょう。肌への負担を抑えて脱毛を完了させたいという場合、エステサロンの光脱毛ではなく医療機関のレーザー脱毛を受けるのがおすすめです。脱毛は1回で終わるわけではなく何度か施術を受けることになりますが、医療機関の施術は短期間で完了することが多いです。

また、医療機関での脱毛は永久脱毛と呼ばれており、施術が完了すれば自己処理が不要となります。自己処理を行わなくなれば肌を傷つけることが無くなりますし、綺麗な肌を保つことができるでしょう。医療レーザー脱毛機器はもともと肌のしみ治療に使っていた機械を応用したものであり、ムダ毛を無くすだけでなく肌を綺麗にする効果もあります。レーザーの熱によって肌のキメが整いますし、シミやそばかすを解消することができるでしょう。また、肌の色が明るくなったり、化粧ノリがアップする効果も期待できます。

銀座の美容皮膚科するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です