レーザー脱毛を病院に置いて実施する際に、身体の中で向かないパーツはどこなのか確認しておくことです。

脱毛したい部位はだいたいが、レーザー脱毛の照射によって対応することはできます。脱毛パーツでオーソドックスな、腕やレッグラインに両ワキは、どこの病院でも照射をします。

背中の広いパーツも顔も、VIOパーツも、施術をすることができます。注意なのは、ほくろなどは避ける傾向にあります。あまりレーザーには向かないところは、メラニン色素がやけに濃い部分は、施術を見送ることはあります。ほくろのある部分から毛が生えていたら、そのほくろの状態によって、レーザーの施術はできないこともあります。レーザー光は皮膚に黒いメラニンの濃いところにあてると、強い照射になってhしまって、皮膚へのヤケドを負わせる要因になることがあります。出力をあえて問題ないレベルに下げますので、脱毛の効果としては、あまり得られないことはあります。

病院での判断にはなりますが、最初からそういう場所は施術ができないと言われて、お断りされることもあります。それから、しみやあざなども、同じような感覚です。メラニン色素の濃くなっているところが問題なので、乳輪なども余りにも色が濃いと、レーザーでの施術は難しくはなってきます。メラニン色素の黒への反応システムを利用するので、色の薄い茶色っぽい産毛なども、簡単にはレーザー脱毛での反応が出ない可能性も秘めています。

東京でレーザー脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です